ヘッドライトプロテクション_バナー_edited_edited.jpg

​ヘッドライトのプロテクションフィルム

愛車のヘッドライトは走行時には飛び石に、野外では紫外線にさらされ、キズや黄ばみに侵されてしまいます。プロテクションフィルムはあらゆるダメージから約3〜5年保護します。

取り分け「新車」や「ヘッドライトの磨き後」のコンディションの良い時にご依頼いただくのがベストです。ヘッドライトの黄ばみは愛車を手放す時には大きく査定に響くので、リセールバリューのためにもヘッドライトを守りましょう。

XPEL_HEADLIGHT_ULTIMATE_PLUS_CLEAR.jpg

クリアフィルム

XPEL_HEADLIGHT_SLATE_SMOKE_50.jpg

可視光線透過率50%フィルム

可視光線透過率とは、レンズがどれぐらい光を通すかの割合で、0%~100%の数値で表されます。 0%は光がまったく入らない状態で、100%はクリアな状態になります。0%になるほど濃くなり、数値が高くなるほど薄くなります。
車検で測定される明るさですが、保安基準は64hcd以上である必要があります。

 

【注意事項】

※車検場・検査官によってはスモークフィルムが貼ってあることで車検を通過できない場合もございます。

※50%フィルムを施工していただきました場合、施工前の半分の明るさになります。

飛び石などから100%保護するものではございません。

​※全てのフィルムに対して雨染みキズなどが付かなくなる訳ではございません。

※フィルムの上からはキズの磨きができないためフィルムの張替え(剥離作業は別途料金)となります。

​※剥離時には糊残りや塗装表面のクリア層が剥がれてしまう場合がございます。
※エッジ部分などにおいて、汚れが目立つ場合があります(特に淡色系)。

※剥離時にヘッドライト表面のクリア層が剥がれるケースもあります。

※剥離時の塗装剥がれ、ヘッドライトのクリアー層剥がれの補償はいたしかねます。

​予めご了承ください。

<当店の施工事例>